ブラックガロン


名前
円盤生物ブラックガロン
登場話数・登場回サブタイトル
第44話「地獄から来た流れ星!」
身長・体重
30cm〜50m 4kg〜23000t
特徴など(妄想はいってます)
  • 円盤生物以外にも肩書きをつけるとすれば、大亀、カエル、長舌といったところだろう。
  • 円盤生物No.2と思われる。
  • 長いベロや、腕から出す火などが特徴、円盤形態で火を出しながら突撃するという攻撃をする
  • 手から発射される火花の名称は、「マグネシウムスパーク」という。
  • 弱点は長いベロ。ブラックガロンの最大の急所で、心臓みたいなものである。。
  • ブラック指令に何処までも忠実なやつ。
  • 隕石のような感じで地球に飛来。建物に激突!おおとりとトオルに出くわす。たまたま近くにいたのか、おおとりを狙ってきたのかは不明
  • 第1戦ではレオを圧倒する。後もう一歩で止めを刺すことが出来そうだったが・・・
    ブラック指令の命令により撤退。あのまま行けば勝っていたのに(※)・・・指令の無能っぷりが伺える
  • 隕石に擬態しているところを金持ちのガキに見つかり、父親の働く”財団法人 中森鉱物研究所”に持っていかれる
  • 金持ち親子の親父に叩かれたり焼かれたりするが、耐える!
  • 金持ち親子のガキが研究所に来たところで、襲い始める。親父も来たので一緒に襲う。
  • とにかく、研究室であばれる。火を出して燃やす。燃やす。おおとりが来たことと、ブラック指令の命令により巨大化!レオと戦闘
  • 一進一退の攻防!つよいぞブラックガロン。円盤形態になり突撃したり、長いべろで首を絞めたりする。
  • 最後は最大の弱点であるべロをつかまれ切断されてやられてしまう。
  • それにしても、惜しかった。ブラック指令が撤退命令を出さなければ・・・
  • モデルは、亀・カエルと思われる。22話ででてきた兄怪獣ガロンとは関係ない。

※一説によるとエネルギーの関係で退却したとのこと、3分しか持たないという説もあり!
(レオより長いじゃん)